【悲報】2018年7~12月の不動産売買が前年に比べ34%も減った理由→

高水準だった国内の不動産売買に減速感がでている。2018年7~12月の取引額は1兆7290億円と前年同期に比べ34%減った。半期の取引額としては6年ぶりの低水準だ。これまで欧米市場などに比べ値ごろ感があると積極的だった海外勢が購入を控え始めた。

続きはこちら
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO4053364026012019MM8000?n_cid=SNSTW001 引用元 : http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1548543119/
3.

不動産業界ではこれを“スルガ・ショック”といいます
スルガ銀行だけでなく、他の銀行も不動産融資が一斉に止まった・・・
俺失業やわ

18.

>>3正しくはアベショックだけどな

金融緩和やり過ぎなんだよ
バブるに決まってんだろ

5.

中国が海外資産を売り払ってるだけでは?

6.

>>5それは一昨年から
高値で掴んでるのは日本人なんだよなあ

23.

>>6大手一流企業には、一昨年から情報流れてたよな
ファンドが資金引き上げてるから、去年のうちには景気悪化するって

9.

当然の流れ。
今頃住宅ローン払ってる奴はババ抜きに負けたアホ。

10.

不動産屋の両手仲介は禁止すべき

11.

でもアホみたいにアパートや建売を作ってるけどな。

15.

>>11建てるお金出してる金融機関は貸出先がなくてやばいってことだよ
法律の新築外れたら、ほっといても割引売するから
更に負のスパイラル待ってるよ

26.

>>11サブプライムローンも、やりたくてやってたわけじゃないんだよなあ

12.

こんな事するから買い煽り運転されるんだよ

13.

34%減って
仕事にならないだろ

19.

不動産業界から転職してよかった
辞めた会社は部長クラスや長年いた人が何人と辞めたと聞いてざまぁと思った

20.

賃貸派の俺は高見の見物

21.

稼ぎ凄かったでしょ?

29.

人口が減ってるのに

誰が高い負動産を買うんだよ

引用元: re2ch.com