分譲賃貸マンションの賃貸管理業務とは

分譲賃貸マンションの賃貸管理業務とは、アパートや賃貸マンションの賃貸管理業務と若干の違いがあります。

以下の29項目は、マンション専門プラザの標準管理業務になります。標準管理業務でありながら、他の管理会社では行っていない業務も多数あります。これは弊社が分譲賃貸マンションを専門に取扱っているからこそできる業務です。

1.オーナー様との賃貸管理委託契約の締結
2.お部屋の賃料査定やリフォーム提案
3.各種保険手続きのお手伝い
4.管理組合・管理会社・管理員への確認作業
5.海外転勤オーナー様(リロケーション)の手続きサポート
6.トランクルーム紹介サービス
7.入居者募集活動
8.定期的な活動状況報告
9.オーナー様退去時(引越し時)の立会い
10.ハウスクリーニング・リフォームの発注
11.入居希望者の入居審査
12.賃貸借契約締結
13.入居者の住宅総合保険加入手続き
14.管理会社・管理員へ入居者引越し日時の通達
15.管理組合への必要書類提出
16.入居者入居前のお部屋の最終チェック
17.入居者へお部屋の引渡し
18.家賃回収業務
19.家賃滞納者・保証人への督促業務
20.確定申告サポート業務
21.設備故障等対応業務
22.近隣住人からの苦情対処
23.入居者及びオーナー様からの連絡取次ぎ
24.オーナー様の御用聞き(書類の取得や調査等)
25.定期的な情報発信(メルマガや棟内売買事例レポート送付)
26.売買査定サービス
27.契約更新・再契約締結
28.入居者の退去立会い・敷金清算業務

マンション専門プラザでは、上記各種管理業務を更に細分化して、45項目の管理業務を基本としております。「http://manpla.com/rent-system/basic-management」でもご確認いただけますが、ひとえに賃貸管理業務と言っても、業務的な対応の他に営業的の対応も必要となります。弊社では、営業マンが管理業務も兼任しておりますので、担当者一人がほぼ全ての業務をサポートできます。